外装工事

屋根修繕工事(防水工事)

鉄筋コンクリート作りのビルや工場での屋上防水は、ウレタン防水、FRP防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、アスファルト防水による施工が代表的です。
経年劣化するため、定期的に防水工事を行うことで建物自体へのダメージを大幅に抑制することができます。
また、真夏の屋上の表面温度は70℃~80℃まで跳ね上がる事もあります。
屋根の断熱工事を施し屋内への高温化を減少させば冷房の効率化を高めますので、省エネ対策に繋がります。 また、冬場も屋根からの放熱を防ぎますので、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

外壁やり替え工事

金属部分は酸化防止、木造部分は防虫防腐、外壁は風雨や紫外線による劣化防止、屋根は外壁より厳しい風雨や直射日光からの遮熱・断熱等の機能を考慮し、それぞれ適した塗料を選び施工致します。